中国投資銀、日米不在で“2流格付け”濃厚 資金調達に重大欠陥

 中国主導のアジアインフラ投資銀行(AIIB)の参加申請期限となる31日、安倍晋三首相は「焦って参加する必要はない」と述べ、参加表明を見送る方針を明らかにした。慎重姿勢の日本と米国が孤立しているとの報道もあるが、実は困っているのは中国の方だ。[記事詳細]

ぴいぷる

もっとみる

産経デジタルサービス

注目サイト