韓国政府が曖昧にしてきた米軍慰安婦の存在 徐々に明らかに

 韓国には、朝鮮戦争後に朴槿恵大統領の父・朴正煕が米兵向けに全国に設置した歓楽街「基地村」が今も残る。ここで米兵相手に売春する女性たちはかつて「米軍慰安婦」と呼ばれ、人権を踏みにじられてきた。在日韓国人ジャーナリストのコナー・カン氏がレポートする。[記事詳細]

ぴいぷる

もっとみる

産経デジタルサービス

注目サイト