欧州中央銀行の「切り札」量的緩和、ギリシャ経済への波及が課題

 欧州中央銀行(ECB)は22日、「量的金融緩和」を行う方針を決定した。これで、日米英の各国に次いでユーロ圏までもが量的緩和を採用することになった。 各国の状況をみると、量的緩和を一発で思い切って実行できた米英、1度は途中で失敗したが2度目は大胆に実行した日本、そ…[記事詳細]

ぴいぷる

もっとみる

産経デジタルサービス

注目サイト