カリフォルニア慰安婦像設置問題 アメリカの良識を問う外務省の新戦略

 米ロサンゼルス郊外に位置する人口約13万5000人の加州フラトン市で日韓の代理戦争が過熱している。全米各地に慰安婦像を建ててきた韓国系反日団体「加州韓国系米国人フォーラム(KAFC)」が進める市立博物館内の「平和モニュメント」設置の動きが最終局面を迎えているのだ…[記事詳細]

注目情報(PR)

ぴいぷる

もっとみる

産経デジタルサービス

注目サイト