強まる米軍の「韓国撤退論」 日本を敵対視する姿勢に高まる批判

 米国防総省の首脳、特に韓国に駐留したことのある陸軍幹部や兵隊らの間に、韓国が米国の軍事同盟国・日本をあまりにも敵対視しているため、「中国軍の侵略に備えて米軍を朝鮮半島に駐留させておくことに意味があるのか」といった批判が強くなっている。[記事詳細]

注目情報(PR)

ぴいぷる

もっとみる

産経デジタルサービス

注目サイト