ことごとく裏目に出る中国のテコ入れ この国に“経済学の処方箋”は通用しない

 上海株は下落基調が収まらない。以前から指摘しているように、党主導で図体だけを膨張させた異形の市場経済を党が制御できなくなったのだ。ところが、日本のメディアでは、やれ金利を下げれば景気が上向くとか、元安で輸出が増えるなどという楽観論がまかり通る。[記事詳細]

ぴいぷる

もっとみる

産経デジタルサービス

注目サイト