辺野古問題をどう解決するか 重い民主党政権時代の責任 

 昨年11月の沖縄県知事選以降、名護市辺野古の埋め立て工事が順調にいっていない。新沖縄知事の翁長雄志氏は、辺野古移設反対を訴えて当選したので、政治的意思として埋め立て工事に反対だからだ。ただ、翁長知事の政治的意思を実行するとなると、ほとんど不可能だ。[記事詳細]

ぴいぷる

もっとみる

産経デジタルサービス

注目サイト