朝日・木村社長の責任先送りは恐るべき厚顔無恥 国際政治学者・藤井厳喜氏

 朝日新聞の木村伊量(ただかず)社長は先週11日、慰安婦問題や、東京電力福島第1原発の吉田昌郎元所長の証言をまとめた「吉田調書」の大誤報について記者会見を開き、謝罪した。だが、「再生の道筋をつけた段階で進退を判断する」として、社長ポストに居座った。[記事詳細]

注目情報(PR)

ぴいぷる

もっとみる

産経デジタルサービス

注目サイト