東京五輪&新国立競技場、建設費抑制の“秘策”はボウリング競技の採用?

 東京五輪・パラリンピックのメーンスタジアムとなる新国立競技場の建設計画が白紙になった。他の施設でも建設費用が当初見通しより高騰しているとされ、組織委員会会長の森喜朗元首相は、経費が総額で「2兆円を超すかもしれない」との見通しを示している。[記事詳細]

ぴいぷる

もっとみる

産経デジタルサービス

注目サイト