朴政権「ダブル土下座外交」の様相 “屈服”の中国投資銀「参加」に米は…

 韓国の朴槿恵政権がついに中国が主導するアジアインフラ投資銀行(AIIB)への参加を決めた。再三にわたり韓国の参加に懸念を表明してきた米国は激怒、米軍が韓国配備を目指す地上配備型迎撃システム「高高度防衛ミサイル(THAAD)」の導入で圧力を強めるのは必至の情勢だ。[記事詳細]

ぴいぷる

もっとみる

産経デジタルサービス

注目サイト