アメリカ医療を崩壊寸前に追い込んだ「オバマケア」 次の標的は日本 堤未果さん

 「チェンジ」を掲げ、アメリカ国民を熱狂の渦にたたき込んだオバマ大統領が今や見る影もない。その象徴が『オバマケア』と呼ばれる医療保険制度改革への批判だ。TPP問題が佳境を迎えるなか、日本も無関心ではいられない。いまホットな1冊だ。[記事詳細]

ぴいぷる

もっとみる

産経デジタルサービス

注目サイト