盗聴を利用して外務省が打った一芝居 過去の教訓は中国相手に生かせるのか?

 日本が領有権を持つ小さな島に中国漁船約200隻が押し寄せた。中には、領海侵犯を繰り返す船も出た。中国政府に必要な措置を求めても、らちが明かない。緊迫した状況の中で、中国・北京の日本大使館では大使と公使の2人が抜き差しならぬ会話を交わしていた。[記事詳細]

注目情報(PR)

ぴいぷる

もっとみる

産経デジタルサービス

注目サイト