“ナッツ副社長”問題はセウォル号と同じ構図 背景に傲慢オーナー一族

 大韓航空機の機内で同社の趙顕娥(チョ・ヒョナ)前副社長(40)がナッツの提供の仕方が悪いと傍若無人な振る舞いをした「ナッツ・リターン問題」。韓国では、航空法違反や証拠隠滅教唆容疑で趙氏の逮捕も近いと伝わる。[記事詳細]

注目情報(PR)

ぴいぷる

もっとみる

産経デジタルサービス

注目サイト