政府&日銀の“逆襲”はあるのか 米財務省「監視対象」で強まる円高懸念

 米大統領選でドナルド・トランプ氏が共和党候補となるのが確実となり、米財務省は日本を為替の「監視対象」に指定、連休中に一時1ドル=105円台まで円高が進んだ。[記事詳細]

ぴいぷる

もっとみる

産経デジタルサービス

注目サイト