日銀の構造失業率の認識は誤っている だから賃金も物価も本格的に上がらない

 金融政策の目的は「物価の安定」といわれることが多いが、物価は失業率と裏腹の関係があり、金融政策は雇用政策である。失業率は低ければ低いほどよく、ゼロが理想であるが、実際にはゼロにならない。[記事詳細]

ぴいぷる

もっとみる

産経デジタルサービス

注目サイト