禁忌ルール立て続けに破る日本ハム・大谷、栗山監督激怒させた全力疾走

 
4回に左翼席へ同点ソロを放った大谷。全体的に不振の打線にあって、欠かせない存在だが

 打てば打つほど悩みが深まる。右足首痛を抱える日本ハムの“二刀流”大谷翔平投手(22)は2日の西武戦(札幌ドーム)で、今季1号ソロを含め4打数3安打1打点の活躍。チームは3-6で敗れ開幕カードを1勝2敗で負け越したが、大谷は両リーグを通じトップの打率・667(同日現在)。恐るべき勢いで打ちまくっている。

 「まあ、色んなことが起きることを覚悟してスタートしたけど、何とかファイターズらしくみんなが輝けるようにしていきます」

 敗戦の弁を述べる栗山英樹監督(55)の表情がいつもに増して曇っていたのは、守備のミスが続出し2年連続で開幕3連戦を負け越したことだけが原因だろうか。

 前日(1日)の試合では、二塁内野安打を放った際、禁忌とされている全力疾走と痛めている右足での触塁。本能的に出た全力プレーとはいえ、球団から設定されているルールを立て続けに破り、栗山監督を「説教します。オレ、ホントに怒ってんだよ!」と激怒させた。この日の試合前には監督と川名外野守備走塁コーチから説教タイムが設けられた。

 そのかいがあったか、8回の第4打席で投手内野安打を放った際には左足で駆け込み「普通に走れたし、問題なく左足でいける」と前日の反省を生かした。

 大谷の“走塁問題”に一定の片が付いたことは収穫といえるが、指揮官の眉間のしわは深まるばかり。というのも、打線の中で元気なのは大谷と5番の近藤くらい。特に4番・中田と6番・レアードは打率・091と目を覆うばかりの不振ぶりだ。中田は「自分を含めてポイントで打線が切れている。状態は悪くないけどミスショットで相手を助けている」と肩を落とす。

 1番・西川、2番・田中賢も2割を切る低空飛行。打率6割超の大谷と近藤の働きがチームの生命線となっている。

 大谷のマウンド復帰がそう遠くないとの観測が流れる中、打撃陣がこのありさまでは、主砲の“打者・大谷”を登板準備のためにスタメンから外すとなると痛い。指揮官の悩みは深まるばかりだ。 (片岡将)

Read more