経済・マネー注目ニュース

「成年後見制度」とは? 判断能力が衰えた人の財産管理などサポート

 認知症を発症すると、判断能力(契約など法律行為を行うために必要となる物事のメリット・デメリットを判断する能力)が損なわれます。判断能力が十分でない状態で行った行為は原則無効となるため、さまざまな契約行為や権利の行使など、今まで自らの意思で自由にできていたことが、単独ではできなくなってしまいます。