経済・マネー注目ニュース

早くも始まったコンビニ「おでん商戦」に異変 「すり身」輸入価格が高騰

 気が早いものでコンビニでは8月からおでん商戦が始まっているが、今年は異変が生じている。ちくわなど魚肉練り製品の原料になる「すり身」の輸入価格が高騰しているのだ。欧米や中国で魚の消費が増えているのが主な要因だが、物流費や人件費の上昇も重なり、値上げや新商品の絞り込みを検討する動きが広がっている。