【介護離職に備えよ】訪問して分かる「施設の想い」 老人ホームはウェブなどのイメージに惑わされず間違いのない選択を

老人ホームは、親にとって終の棲家である

 筆者は先日、埼玉・浦和に新しくオープンした介護型の老人ホームを訪ねてきた。そこで改めて、老人ホームやサ高住(サービス付き高齢者住宅)は「百聞は一見にしかず」だと強く感じた。

 そのホームは浦和駅から歩いて6-7分の至近距離にあるのだが、たまたま乗ったタクシーが道を迷ったのか、単に間違えたのか、降ろされた場所は工事中の道路の真ん中。運転手の指し示す方向に歩き出したが、目的地はわからない。さんざん迷ったあげく、タクシーを降ろされた場所に戻ってみると、そこに件の老人ホームと併設するクリニックを発見。あわてて脇の裏扉から入った。

 ところが、裏から入ったことで、歴史と風情を感じさせる蔵や祠(ほこら)や、きれいに整備されている庭を発見した。そこは、老人ホームというより邸宅という印象だった。

 その後、施設長にインタビューしたのだが、そのお話には思わず膝を打った。

 老人ホームの施設長という人たちは、ある種の専門職であり、職人とも言える。他の施設ではやれないようなことを当たり前のようにやっている人もいるのだが、そのような「想い」や「人」にかける部分はあえてPRしない、そもそもアピールするようなことでもないと考えている施設長もいるのだ。

 その施設長も二十数年介護の仕事をしてきて、自身が想うような理想の介護ができなかったと言う。

 詳しく書かないが、入居者の「食」についてのこだわりを、エピソードを交えて語ったり、それまで「介護の世界では常識」と思って疑わなかったことが、このホームを運営する会社の社長の施策を聞いて、大きく覆されたことなどを熱く語ってくれた。

 やはり、インタビューすれば、その人となりや想いの強さはある程度は伝わってくるのだ。しかしながら、パンフレットやウェブサイトだけでは、その老人ホームの本質や施設長の想いは語り切れない。

 施設長自身、訴えるべき点がどこであるかに気づかず、当たり前のように仕事をしていることも多々あるのだから、仕方がないのかもしれない。

 さらに、この老人ホームには部屋の随所にもこだわりを感じるところがあった。例えば、部屋に備えてあった加湿器は、すべての部屋に水道栓を引き、スタッフが水を替える手間を省けるよう特注したというのだ。

 つまり、水を替える時間を「ケア」の時間に充てるために、このような工夫をしていたのだ。だが、そのことについて積極的にアピールしているわけでもない。

 私の取材経験でも、このような老人ホームは初めてだった。訪れる前の(ウェブやパンフレットで感じていた)イメージをいい意味で覆された。

 老人ホームは、親にとって終の棲家である。イメージに惑わされず、間違いのない選択をしてほしいと思う。

 ■大澤尚宏(おおさわ・たかひろ) オヤノコトネット(www.oyanokoto.net)代表取締役。1995年に日本初の本格的バリアフリー生活情報誌を創刊。2008年、「そろそろ親のこと」(商標登録)をブランドにオヤノコトネットを創業し、「高齢期の親と家族」に関わるセミナー講師や企業のマーケティングアドバイザーとして活躍している。

Read more