百花繚乱!日本レースクイーン大賞コスチューム部門政見放送がアツい理由

日本レースクイーン大賞公式MCの渡辺順子さん

 ファン投票で人気No.1のレースクイーンコスチュームを決定する日本レースクイーン大賞2017コスチューム部門。最後の投票が行える政見放送が9月28日に行われました。

 今年も各カテゴリーから50チームのレースクイーンユニットをノミネートし、8月10日より投票がスタートした通称”コスチュームGP”。ファーストステージを勝ち上がった10チームによるファイナルステージが9月13日~24日まで行われましたが、その投票の最後を締めくくるのがこの政見放送。

 ファイナリスト10チームが登場した政見放送ではレースクイーンファンも会場に駆けつけ、放送だけでなく会場もかなりのヒートアップ。会場に駆けつけたファンと政見放送のネット中継視聴者が最後の投票を行うのですからヒートアップしないはずがありません。

 司会は日本レースクイーン大賞公式MCの渡辺順子さん。時にはマジメに、時にはレースクイーンをいじりまくるなど巧妙なトークで政見放送を進めてくれます。

 レースクイーンの皆さんもチームのコスチュームを様々な方法でアピール。この場所に来ることが出来なかったメンバーのメッセージを読み上げるなど、その熱烈なアピールは胸を打つものがあります。

 ダンスでアピールしたり、漫才まで披露するチームも登場。各チームの個性が大きく発揮されるところでもあります。

 日本レースクイーン大賞の中でも唯一の団体戦ですから、チームごとにアピール方法を考えつくしてこの政見放送に臨んでくるのです。なぜそこまで力が入るかといえば、コスチューム部門でグランプリを獲得すればチーム全員で東京オートサロンでの日本レースクイーン大賞のステージに登ることが出来るから。だからこそレースと同じくまさにチーム総合力で勝負をかけます。

 9月24日までの投票分と今回の政見放送での投票分を合算した得票数により日本レースクイーン大賞コスチューム部門グランプリが決定します。発表は10月1日のギャルパラ秋祭りのなかで行われ、東京オートサロン2018の中の日本レースクイーン大賞授賞式で授与が行われます。(写真・文:松永和浩)

Read more