実りの秋は財布を新調 差がつく日本製こだわり財布4選(PR)

小銭もお札も財布の中身が一目でわかる「ハンモックウォレット」

 財布が「張る」イコール「春」の語呂合わせから、春は財布の買い替えに最適な季節といわれますが、「収穫の秋」「実りの秋」とお金もたまりそうなイメージの秋も財布の新調にはよいタイミング。産経ネットショップでは、持っていると一目置かれる、機能や構造にこだわりのある日本製の財布をご紹介しています。<産経netshop>

 「Cartolare 東京下町職人仕上げ本革 ハンモックウォレット」は、小銭と札が同時に見渡せる特殊な構造の二つ折り財布。大きく開いて中身が一目でわかる小銭入れは、扱いに慣れればその使いやすさで手放せなくなります。一見よくある二つ折り財布ですが、その開くと珍しい形状にレジでの支払い時に注目を集めそう。コンパクトな作りの中に、カード類やカギなどの細々したものを入れるスペースも備えています。東京下町の熟練職人により一つ一つ作られています。カラーバリエーションは、ブラック×ブラック、ダークブラウン×ダークブラウン、ダークグリーン×グリーンの3タイプ。1万3,500円(税込)。

Cartolare 東京下町職人仕上げ本革 ハンモックウォレット(産経netShop)

Cartolare 東京下町職人仕上げ本革 ハンモックウォレット(産経netShop楽天店)

PTAH(プタハ) Tito Alonso イタリアンレザー 極薄長財布(産経netShop)

PTAH(プタハ) Tito Alonso イタリアンレザー 極薄長財布(産経netShop楽天店)

EVERWIN + MAISON DE HIROAN 革包司 博庵 束入れ(産経netShop)

EVERWIN + MAISON DE HIROAN 革包司 博庵 束入れ(産経netShop楽天店)

abrAsus(アブラサス) 薄い財布(産経netShop)

 「PTAH(プタハ) Tito Alonso イタリアンレザー 極薄長財布」は、イタリアンレザーをぜいたくに使った極めて薄い札入れ。イタリアのトスカーナ地方で、伝統的に培われたバケッタ製法と呼ばれる、手なめし・手染めで仕上げた高級感のあるオイルレザーを、革製品の老舗メーカー、山藤(やまとう)の職人が細部まで丁寧に縫い上げます。最大の魅力はその薄さで、何も入れない状態で最も厚い部分が約0.5センチ。紙幣を30枚、カードを2枚入れても厚さが約0.8センチという薄さです。ジャケットの胸ポケットやパンツのポケットに入れても見た目にひびかず、できる男をスマートに演出します。カラーはブラックとブラウン。9050円(税込)。

 「abrAsus(アブラサス) 薄い財布」は、小銭が入る上に薄いことが魅力。通常の作りの二つ折り財布は、カードと小銭を左右に分けて収納するため厚みが出ますが、アブラサスの「薄い財布」はカードと小銭入れを横にずらすことで半分の厚さに。さらに、革の重なりを極力減らすなど随所に工夫を凝らして薄さを実現しました。

Cartolare 東京下町職人仕上げ本革 ハンモックウォレット(産経netShop)

Cartolare 東京下町職人仕上げ本革 ハンモックウォレット(産経netShop楽天店)

PTAH(プタハ) Tito Alonso イタリアンレザー 極薄長財布(産経netShop)

PTAH(プタハ) Tito Alonso イタリアンレザー 極薄長財布(産経netShop楽天店)

EVERWIN + MAISON DE HIROAN 革包司 博庵 束入れ(産経netShop)

EVERWIN + MAISON DE HIROAN 革包司 博庵 束入れ(産経netShop楽天店)

abrAsus(アブラサス) 薄い財布(産経netShop)

 小銭入れは、一般的な二つ折り財布とは使い勝手が異なり、横一列で500円玉1枚、100円玉4枚、50円玉1枚、10円玉4枚、5円玉1枚、1円玉4枚の最大計15枚で999円しか入りません。1000円札があれば、小銭は999円あれば済むという考えで、この財布を持つことが財布の中身の「断捨離」にもつながります。お札は約15枚、カード類が約5枚と、鍵やお守りが入るちょっとしたポケットも付いており、これだけ持って手ぶらで外出できます。カラーはブラック、ネイビー、キャメルなど全12色。1万4950円。(※本商品は本店のみの販売です)。

 「EVERWIN + MAISON DE HIROAN 革包司 博庵 束入れ」は、明治39年創業で日本最古の革小物工房とも言われている「革包司 博庵」と、鞄や財布などを企画・生産している山一インターナショナルのブランド「EVERWIN」のコラボ商品。昔ながらの技法を用いて職人が1点ずつ丁寧に作り上げています。

 その技法の一つが「ベタ貼り」。0.4ミリ~0.5ミリに削いだ2枚の革を、それぞれの繊維方向を変えて貼り合わせるこの技法により、極薄でありながら耐久性に優れ、しなやかに仕上がります。この他にも「コバの本磨き」「念引き」などわかる人にはわかる高度な技術を結集して作られた革製品は、使い込むほどにそのよさを実感できるはず。左右に札入れと12枚のカードが入ります。ブラック、ネイビー、レッドの3色。2万9160円(税込)。

Cartolare 東京下町職人仕上げ本革 ハンモックウォレット(産経netShop)

Cartolare 東京下町職人仕上げ本革 ハンモックウォレット(産経netShop楽天店)

PTAH(プタハ) Tito Alonso イタリアンレザー 極薄長財布(産経netShop)

PTAH(プタハ) Tito Alonso イタリアンレザー 極薄長財布(産経netShop楽天店)

EVERWIN + MAISON DE HIROAN 革包司 博庵 束入れ(産経netShop)

EVERWIN + MAISON DE HIROAN 革包司 博庵 束入れ(産経netShop楽天店)

abrAsus(アブラサス) 薄い財布(産経netShop)