記事詳細

【介護離職に備えよ】親の小さな変化を見逃さず早めの措置を 時間を取って対話も (1/2ページ)

 2017年1月から改正育児・介護休業法が施行され、政府も仕事と介護の両立(ワークライフバランス)にさらに力を入れてくる。その内容は、(1)要介護状態1人につき合計93日まで認められていた介護休業が3回まで分割して取得できるようになり、(2)年間5日まで認められている介護休暇も半日取得が可能になるというもの。そのほか、所定労働時間の短縮や残業時間の免除、対象家族の範囲拡大などが盛り込まれている。

 生産労働人口の減少に加え、団塊世代が75歳の後期高齢者になる「2025年問題」を考えれば、30~40代で家族の介護を理由に会社を辞める人が増え、日本経済にも大きな影響を与えることが想定される。介護離職対策の施策も、ますます強化されていくだろう。だが私には、こんな施策だけで簡単に問題が解決するとは思えない。

 先日、千葉県で53歳の息子が89歳の認知症の母親の首を絞めて殺すという事件があった。息子は9月に会社を辞めて介護に専念していたという。詳細はわからないが、何か方法はなかったのだろうか。

 介護休業や介護休暇、時短措置などを賢く活用することも大切だが、できれば早い段階から親と「これから(老後)の暮らしをどうするか?」を話し合い、できるだけ要介護状態にならないよう対策を取っておくこと、そして周囲からの情報を収集しておくことが重要だ。では、「親を要介護状態にしない」ためには何をすればいいのだろうか?

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう