記事詳細

直近IPO株、上場後しばらくして人気化 「ウェーブロックHD」急反発

 新規公開(IPO)株が興味深い動きをしている。4月の新規上場は5銘柄と、3月の21銘柄に比べて少なかったが、上場後しばらくしてから人気化する銘柄が目立ってきた。4月10日に上場した素材加工メーカーのウェーブロックホールディングス(7940)。上場直後の株価はふるわなかったが、5月10日に好決算を発表し株価が急反発。12日には一時1000円の大台に迫る場面もあった。

 ただ、12日は前場の途中から値を下げ、結局881円で大引け。ツイッター上では、1日で1000件以上のツイートがあるなど関心は高いようで、「頑張ったよ。おつかれ」など相場終了を主張する声が上がる一方、「来週もくるよ」と相場持ち越しをアピールするツイートも多く見られた。

 やはり直近IPO組で、上場してから少し時間を置いて株価が急騰しているITコンサルのアセンテック(3565)。特に大きな材料が出たわけではないが、値幅の大きさがイナゴトレーダーの関心を引いたようだ。中には、「何か材料が出そう」と先読みするトレーダーもいた。 (新井奈央)

 【2017年5月16日発行紙面から】

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう