記事詳細

「東芝メモリ」半導体買収大詰め WD、2兆円超へ引き上げ案提示

 東芝の半導体子会社「東芝メモリ」の売却先選びが大詰めを迎えつつある。産業革新機構や米ファンドなどの「日米連合」への合流案を示した米ウエスタン・デジタル(WD)が、買収額を2兆円超への引き上げを打ち出した。米半導体大手ブロードコム陣営との勝負になりそうだ。

 WDは東芝に対し、「日米連合」に合流し買収する譲歩案を示したが、さらに買収額の引き上げ案も提示。独占禁止法の審査が難航するのを避ける対策として、WDの分は買収時点では東芝メモリの株式ではなく社債を取得することも検討している。

 東芝社内では、独禁法に抵触しないとされるブロードコムとの優先交渉に踏み切るべきだとの意見もあり、WDは対立路線からの方向転換を余儀なくされた。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう