記事詳細

国産初のジェット旅客機MRJ実機を初展示 パリ航空ショー

 三菱航空機(愛知県豊山町)は18日、国産初のジェット旅客機MRJ(三菱リージョナルジェット)の試験機を、フランス・パリ近郊のルブルジェ空港で報道陣に披露した。19日に開幕する航空見本市「パリ国際航空ショー」で展示する。見本市でのMRJの実機公開は初めて。

 パリ航空ショーは英国の「ファンボロー国際航空ショー」と並ぶ世界最大級の見本市で、2年に1度開かれる。MRJの開発は設計変更などにより大幅に遅れており、三菱航空機は多くの関係者らに機体を直接見てもらい、性能やデザインをアピールする考えだ。

 今回のパリ航空ショーは19~25日にルブルジェ空港で開催。2300社を超える航空関連企業が出展し、欧州のエアバスや米ボーイングといった航空機大手も最新鋭の機体をPRする。

 最後の3日間は一般にも公開されるが、MRJの展示は21日まで。デモ飛行の予定もないという。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう