記事詳細

タカタ“1兆円破綻”にネットで批判噴出「コメントなしってクソ」

 エアバッグ問題で会社存亡の危機に陥るも、いまだ創業家一族がトップに居座り続けるタカタ(7312)。16日、早ければ来週中に民事再生法を申請と報じられ、取引は終日停止で気配値がストップ安した。減資比率などにもよるが、報道が事実なら株価が下げ続けるのは確実な情勢だ。

 某大手掲示板では、16日だけで3000以上のコメントが噴出するなどネット上でも関心は高く、「会社側からコメントなしってクソ」「負債1兆円ってひどすぎ。連鎖倒産も出る」など、タカタへの痛烈な批判が噴出。

 ただ、「まだ会社は認めてないからワンチャン(ワンチャンス)ある」など、この期に及んで買いの機会をうかがうトレーダーも少なくなかった。いずれにしても同社の動きには要注目だ。

 バイオ株人気の流れを引き継ぎ、株価が急騰しているジーエヌアイグループ(2160)。ネット上では「今度はGNIだ!」というコメントが多く見られることから、上昇一服となったアンジェスMG(4563)からの乗り換え組が増えているようだ。 (新井奈央)

 【2017年6月20日発行紙面から】

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう

関連ニュース