記事詳細

【ネット騒然銘柄】iPhone関連でオンキヨー暴騰 ネット上の注目度も高く…

 米国のフォーブス誌は毎年、「世界で最も影響力のある人物」をランキング形式で発表しているが、もし「世界で最も影響力のある家電」ランキングがあれば、そのトップは世界販売台数の累計が10億台を突破したiPhone(アイフォーン)だろう。

 21日にiPhone向けスピーカーフォンの発売を発表したオンキヨー(6628)。発表からわずか3営業日で株価は2倍超に暴騰している。ネット上の注目度も高く、某掲示板には「アップル関連+全世界で販売=爆上げ決定!」など、一段の株価上昇を期待するコメントが多数寄せられた。確かに、iPhone周辺機器への採用はインパクトは大きい。業績、株価とも低迷していた同社の浮上のきっかけとなるか見ものだ。

 仮想通貨関連の材料で株価が急騰したトレイダーズホールディングス(8704)。デビットカードのdebit社と提携して決済サービスを始めるという。ただ、同銘柄は急騰と急落を繰り返す傾向が強く、あるトレーダーは「この株は桜と一緒。パッと咲いてパッと散る」と表現。言い得て妙といったところか。 (新井奈央)

 【2017年6月27日発行紙面から】

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう

関連ニュース