記事詳細

【新・兜町INSIDE】カブドットコム証券にサイバー攻撃 バックアップ体制見直しへ

 三菱UFJグループのネット証券、カブドットコム証券が6月29日朝、サイバー攻撃を受けた。証券関係者によると、ネットを通じた不正アクセスは「中堅規模の証券会社でも、月間1000件程度は珍しくない」という。

 カブドットコムのサイトはログインしにくい状態となったが、30分ほどで復旧した。同社は売買システムを自社開発するなどIT投資に積極的だが、それでも外部からの攻撃に対して無傷ではいられなかった。このため、他社からは「30分程度で復旧したのはカブドットコムだから可能だった」との指摘が上がっている。

 ネット証券でシステム障害が発生した場合、売買注文を出したい顧客はコールセンターを利用することになる。ところが、過去のシステム障害例では、コールセンターのスタッフが少な過ぎて、電話がほとんどつながらなかったケースもある。金融庁は投資家保護の観点から売買機会の確保を重視しており、カブドットコムへのサイバー攻撃を機に、バックアップ体制の見直しに動く証券会社が増えそうだ。

 【2017年7月3日発行紙面から】

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう