記事詳細

プレシジョンS急騰、目立つ強気コメント がん遺伝子検査が保険適用へ

 壮絶な闘病の末、小林麻央さんが亡くなった。筆者も家族で経験しているからわかるが、がん治療は長期に及ぶこともあってかなりお金がかかる。保険適用外の最新治療ならなおさらだ。

 先月27日、厚労省はがんによる遺伝子変異の一括検査を保険適用とする方針を発表。このニュースで、遺伝子解析機器を手掛けるプレシジョン・システム・サイエンス(7707)の株価が急騰している。ネット上でも同銘柄に関するコメントが飛び交っており、「まだ上昇のスタートライン!」と強気なコメントが目立つ。ただ、30日は高値から若干押し戻されたため「4桁(1000円)乗せで達成感出てる?」と懐疑的なトレーダーも出てきているようだ。

 30日は、GameWith(ゲームウィズ、6552)など3銘柄が新規上場。3銘柄とも初値が公開価格の2倍超となるなど好調な滑り出しを見せたが、その後の株価は伸びず。ネット上では「今日は値段つかないと思ってた」「初値で買ったけどもしかして『上場がゴール』コースか」など不安そうな声を上げるトレーダーが目立った。(新井奈央)

 【2017年7月4日発行紙面から】

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう