記事詳細

「東芝メモリ」売却差し止め 米裁判所が結論持ち越し

 東芝が経営再建策として売却を計画している半導体子会社「東芝メモリ」について、米ウエスタン・デジタル(WD)が売却差し止めを求めた訴訟の審問が14日、米西部カリフォルニア州の裁判所で開かれた。東芝とWDの双方から主張を聴取したが、結論を持ち越し、28日に次回の審問を開くことになった。

 三重県四日市市の半導体工場で東芝と協業するWDは「売却にはWDの同意が必要だ」と主張。一方、東芝はカリフォルニア州に拠点がなく「裁判所には差し止めを判断する管轄権がない」などと反論していた。

 WDは5月に国際仲裁裁判所に売却中止を申し立てており、カリフォルニア州の裁判所への差し止め請求は、仲裁裁判所の判断が出るまで売却手続きを停止させる狙いがある。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう