記事詳細

フェラーリ栄光の「GTO」復活か!?謎の488GTBがニュル高速テストに姿見せた

 フェラーリ「488GTB」のミュールボディを被った謎のプロトタイプが、ニュルブルクリンクで高速テストを開始しました。

 捉えた試作車は、488GTBと異なるバンパー&エアインテークや、サイドのエアスクープを持ち、ボンネットフードは隠されています。

 ミステリアスなプロトタイプですが、関係者の話によれば、「488 GTB」のハイパフォーマンスモデルと思われ、その名称には栄光の「GTO」の名が与えられる可能性もあるようです。

 「GTO」はグラン・ツーリスモ・オモロガートの略であり、「250GTO」「288GTO」「599GTO」と受け継がれている栄光の名称です。

 パワートレインは3.9リットルV型8気筒エンジンをブラッシュアップし、最高出力は720psへ向上。大幅な軽量化もされ、0-100km/h加速は2.7秒程度とレポートされています。

 ワールドプレミアは2018年秋以降となりそうです。(APOLLO)

clicccar クリッカー
zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう

関連ニュース