記事詳細

JR乗車人数で品川駅が渋谷抜いた 前年から1万人増え37万

 JR東日本は、2016年度の管内の駅別1日平均乗車人数ランキングをまとめた。15年3月開業の「上野東京ライン」の効果が続く品川が、前年から1万人余り増え37万1787人となり、1987年のJR発足以来最高の5位になった。

 トップ3の常連だった渋谷は5位から6位に落ちた。13年3月の東急東横線と東京メトロ副都心線の相互乗り入れ開始以降、減少傾向が続く。

 1万人以上増えた駅は品川だけ。上野東京ライン開業に伴い、高崎線や東北線、常磐線方面の列車が品川に発着するようになった要因が大きい。東海道新幹線の全列車も止まることから、乗り換え客による効果もあるとみられる。乗車人数1位は新宿で76万9307人。2位は池袋で55万9920人。3位は東京で43万9554人。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう