記事詳細

有望新薬で急騰のラクオリア創薬、韓国で年100億円レベルの大型薬に成長も

 自社開発の消化性潰瘍治療薬がライセンス供与先の韓国で来年発売する予定と報じられ、株価が1カ月ぶりに年初来高値を更新してきたラクオリア創薬(4579)。韓国では年間100億円レベルの大型薬に成長する期待があるという。売上規模が10億円程度の同社にとってかなりインパクトのある材料だ。

 バイオ株がイナゴトレーダーの好物ということもあり、11日の1日だけで1000件超もツイートされるなどネット上は大騒ぎ。「ラクオリア買いで楽俺(らくおれ)や」「ラクオリアでミリオネア」といったダジャレツイートが目についた。肌感覚だが、この手のコメントが増えてくると相場の危険度も増す印象だ。

 JR東日本企画などとスマホのビッグデータ活用の新会社を設立すると発表し、11日までに6日連続でストップ高となったビーマップ(4316)。ネットトレーダーの間では、信用取引規制がいつ入るかが注目の的になっているもよう。過去にも同規制で株価が暴落した銘柄は多いが、現状はもっぱら売り方の悲鳴がこだます展開。売り方の逆襲なるか。(新井奈央)

 【2017年7月13日発行紙面から】

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう