記事詳細

有給休暇「日数増やして」より「買い取って」 休めない理由は (1/2ページ)

 有給休暇の「日数増加」「消化率100%」よりも「買い取り」を望むビジネスパーソンが多い--BIGLOBEのネット調査でそんな結果が出た。

 有給休暇に最も希望することは「買い取り」が45.3%と最も高く、「取得率100%」(33.9%)や、政府が「働き方改革」の一環で検討している「日数増加」(20.8%)を上回った。「現実的に仕事を休めない状況に対し、せめて余ってしまった休暇を買い取って欲しいという願望がうかがえる」(BIGLOBE)

 ●有給休暇を取れない理由は

 では、なぜ有給休暇が取れないのか。取得しづらい理由は「職場に休める空気がないから」(33.6%)が世代を問わずトップ。ただ、2位以下は若手世代、ベテラン世代で異なった。

 20~30代の2位は「上司・同僚が有給休暇を取らないから」(32%、23.4%)だが、40代は「自分が休むと同僚が多く働くことになるから」(27.5%)、50代は「自分で仕事をコントロールできない業務だから」「業務対応が発生するかもしれないから」(いずれも22.2%)だった。

 役職別だと、一般職は「職場に休める空気がないから」(36.1%)や「上司・同僚が有給休暇を取らないから」(24.3%)が上位を占めたが、管理職は「業務対応が発生するかもしれないから」(28%)、「職場に休める空気がないから」(25.4%)と答えた人が多かった。

 BIGLOBEは「気遣いや配慮によって休まない人が多い」「管理職は仕事に対する責任感によって休むことが難しい状況がうかがえる」と分析している。

ITmedia News
zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう

関連ニュース