記事詳細

ストップ・ザ・プリウス!新型ホンダ・インサイトをキャッチ。4年振り復活でプリウスを超える!?

 ホンダのハッチバック・ハイブリッドモデル『インサイト』新型プロトタイプを初めてカメラが捉えました。

 「インサイト」は、ホンダが2シーターハッチバックとして1996年に初代モデルを発売、当時プリウスを凌ぐ燃費で話題となったものの、2006年に生産終了。2009年には、5ドアハッチバックとしてリベンジを狙い復活しましたが、トヨタ『プリウス』人気を超えることが出来ずに2014年で無念の生産終了となっていました。

 そして2018年、打倒プリウスを合言葉に第3世代が復活の狼煙を上げます。今回捉えたプロトタイプは完全なミュールボディのためデザインの詳細は不明ですが、リアドアが延長されており、ボディが拡大され居住性が大幅に向上すると思われます。

 予想されるパワートレインは1.5リットル・スポーツハイブリッド「i-MMD」を搭載。プリウスと同等以上の燃費となる可能性が高いようです。

 予想価格帯は250万円~290万円程度と予想され、高い居住性、低価格、高燃費と全てにおいてプリウスを上回ると見られる「インサイト」次期型の復活は、2017年東京モーターショーが舞台となる可能性が高いです。

 (APOLLO)

clicccar クリッカー
zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう

関連ニュース