記事詳細

【新・兜町INSIDE】「ネット出資」元金償還されず トラブル発生も厳しい個人での対応

 インターネットで集めた小口資金を融資し、金利収入を山分けするソーシャルレンディング。年利10%超の利回りも期待できる新手の資金運用手段として人気を集めているが、著名業者で元金が予定通り償還されず、出資者の間で不安が広がっている。

 この業者は「みんなのクレジット」。投資家保護の観点で問題があるとして、今年3月に証券取引等監視委員会から行政処分を受けている。

 7月末に投資家あてに元金の償還を一時停止するとの通知があったもようで、ネット上では投資家の怒りとも悲鳴ともつかない書き込みが広がっている。

 会社サイトは7月6日を最後に更新されていない。ネットの書き込みだけを読むと経営破綻も連想されるが、営業は続いている。電話で問い合わせた個人投資家によると、「営業再開に向けて準備している」と返答があったという。

 問題なく運営しているソーシャルレンディング業者は多い。しかし、実際にトラブルに巻き込まれた場合、個人にできる対抗措置はほとんどないのが実情だ。

 【2017年8月4日発行紙面から】

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう