記事詳細

【始めよう!スマートライフ】“飛行中のインターネット”は通信速度競う時代へ ドコモがWi-Fiサービス高速化の実証実験

 ドコモがANA、パナソニックなどと共同で、LTEの技術を応用した航空機内Wi-Fiサービス高速化の実証実験を岩手、宮城、福島の上空で実施した。

 航空機の中でインターネットが使えるようになって久しいが、今回の実証実験は地上の基地局と上空の航空機を結ぶものだ。これまでの航空機内データ通信の多くは地上との通信に衛星を介していたが、地対空通信方式では、航空機側の装置がより小型になるメリットがあるという。

 具体的には、「国立研究開発法人 海上・港湾・航空技術研究所 電子航法研究所」の所有する実験用航空機「よつば号」に、パナソニックが開発した航空機用端末装置を搭載、ANAが作成した立体的な検証飛行ルートに基づいてジャムコがよつば号を運航して実験が行われた。

 実験基地局から約8700メートルの上空に半径最大93キロの通信エリアを確保、時速430キロで巡航する航空機で最大27Mbpsの通信速度を得ることに成功したという。

 JALは国内線でWi-Fi無料サービスを提供しているが、ANAは有料だ。しかも、とてもリーズナブルとはいえない価格で、それ以前に使う気にならないほど遅かったりもしていたが、近い将来、今回のテクノロジーによってサービスは改善されていくのだろうか。

 いずれにしても、飛行中にインターネットが使えることは当たり前になっている。今後はその通信速度を競う時代に入ったということだ。

 東京から札幌や福岡に飛んだところで、たかだか2時間前後。その短い間でもスマートフォンやパソコンをインターネットに接続しないと気が済まないというのは、あきれるような話ではあるが、個人的にはそれで助けられたことも多々ある。

 働き方改革によって、仕事のスタイルがどんどん変わりつつある今、サービスとしてのインターネットがいつでもどこでも使えるようにすることは通信会社にとって重要なテーマだ。(山田祥平)

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう