記事詳細

【今日から始める10万円株】人気の株主優待企業に注目!「レオパレス21」はグアムの無料宿泊券贈呈 権利付き最終日へ駆け込み買い→株価上昇も

 多くの企業が中間決算を迎える8~9月は、株主優待ファンにとっても忙しい月。特に、8月は魅力的な優待を実施している外食や小売りセクターの決算が集中する。

 株主優待とは、株主に対する日ごろの感謝を込めて、企業が自社製品や割引券などをプレゼントするもの。一般的には、本決算日や中間決算日から3営業日前(権利付き最終日)、今年は8月28日、9月26日の大引け時点で株式を保有している株主に権利が発生する。

 魅力的な株主優待を実施している企業の株価は、権利付き最終日に向けて、投資家の駆け込み買いによって株価が上昇していくケースが多い。今週の10万円株は、8月もしくは9月に権利付き最終日を迎える人気の株主優待企業をピックアップした。

 マザーズに上場するジェイグループホールディングス(3063)は、居酒屋「芋蔵」をはじめ、多くの飲食店を展開する企業。株主優待は2月と8月の年2回で、それぞれ、グループ店舗で使える2000円分(100~200株の株主)の食事券を贈呈している。また、株主優待と同時に配当も実施。8月7日現在の株価は868円(100株単位)で、8万円台で投資が可能だ。

 同じく外食のアトム(7412)は、コロワイド傘下で居酒屋や回転ずしチェーンを展開する東証2部銘柄。こちらは9月決算で、100株の株主には2000ポイント(2000円分)が贈呈される。配当は3月期末一括だが、配当利回りは3%弱と魅力的だ。株価は8月7日に年初来高値を更新。緩やかではあるが確実に上値を切り上げている。8月7日現在の株価は804円(100株単位)。

 最後は、東証1部でマンション賃貸事業などを手掛けるレオパレス21(8848)。同社の中間決算は9月で、株主優待には「レオパレス・リゾート・グアム」の無料宿泊券2枚と国内レオパレスホテルの宿泊50%割引券など。なお、中間期にも配当を実施している。

 株価は右肩上がりで推移し、8月に入り、年初来高値を更新してきた。8月7日の終値は827円(100株単位)。使う予定があれば、8万円台の投資で無料宿泊券は魅力的だろう。(三枝裕介)

 【2017年8月9日発行紙面から】

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう