記事詳細

【ネット騒然銘柄】仕手株イメージ脱却狙う「ルック」 業績大幅上方修正で株価急伸

 ロンドンで開催されている世界陸上の男子100メートルで、米国のガトリン選手がジャマイカのボルト選手を破って金メダルを獲得した。ガトリン選手は過去にドーピングで2度、出場停止処分を受けた経緯があり、今回の金メダルについても物議を醸している。過去の過ちを完全に清算できるのかどうか、判断が分かれるところだ。

 以前は仕手株として知られていたアパレル中堅のルック(8029)。業績の大幅上方修正をきっかけに株価が急伸。他の小型株がいま一つなだけに、同銘柄にはイナゴトレーダーが大挙して押し寄せているようだ。また、大物トレーダーも参戦しているもよう。某大手掲示板では売り方と買い方が、上がる下がるの大論争を繰り広げていた。仕手株イメージを清算し「普通の株」への転身なるか。

 船舶用ディーゼル機関のジャパンエンジンコーポレーション(6016)。業績は赤字続きだったが、通期の黒字見通しを発表し、株価が急騰。ネット上では「買い煽(あお)り屋が元気だからまだ行ける」「いよいよエンジン全開!」とポジティブなコメントが多かった。(新井奈央)

 【2017年8月10日発行紙面から】

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう