記事詳細

女性の9割が管理職になりたくないと思うのはなぜなのか? (1/2ページ)

 女性の社会進出が活発化して久しい。ビジネスの世界では女性活躍がキーワードになり、定着しつつあるようだ。しかし一方で、「管理職になりたくない」といった女性の声が多いのをご存じだろうか。キャリアインデックスが実施した「有職者に向けた仕事に関する調査」によると、女性の約9割は「管理職になりたくない」というのだ。そこで、なぜ女性は管理職になることを嫌うのか、キャリアカウンセラーの竹内さんの見解を聞いた。

 ■女性の管理職に対するイメージとはどんなものがある?

 まずは、女性が管理職にどのような印象を持っているのかを伺った。

 「男女問わず、女性の管理職に対する印象は、決して明るいものでも、楽しそうなものでもないようです。『犠牲』にしなければならないものが多いというイメージを抱く人はいます。中でも、時間、家族、出産や子育て、自己(犠牲)を理由に上げる人が多いです。女性の規律性の高さや、まじめさ、人を育てる能力は、管理職として働いて役割を担うために必要不可欠な資質です。向き不向きでいえば、決して男性に劣るものではないのですが、悪いイメージを持つ人が多いのは残念なことです」(竹内さん)

 女性に限らず男性であっても、管理職に対するイメージは良いとはいえないようだ。女性の場合、家庭を優先にしたいと考える人が多い傾向にあるのも理由かもしれない。

 ■「管理職になりたくない」という女性はどういった女性なのか

 他に、管理職になりたくない理由にはどのようなものがあるのかも聞いてみた。

 「ロールモデル(お手本)がないのでどうしたらいいか分からないと思う女性はたくさんいらっしゃいます。また、仕事を通して自己実現したいと思わない女性は敬遠します。これは、女性が陥りがちな思考ですが、自分だけ役職が上がることで、同僚との立ち位置がフラットではなくなることを望まないという傾向も強く見られます」(竹内さん)

教えて!ウォッチ
zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう

関連ニュース