記事詳細

【ネット騒然銘柄】“怖いもの見たさ”!? 米朝緊張で石川製作所が再度急騰、ネットでは不謹慎コメントも…

 こう暑い日が続くと、涼を求めてお化け屋敷や肝試しなどが人気となりそうだ。ホラーが苦手でも“怖いもの見たさ”が後押しし、ついつい行ってしまう人もいるのではないか。

 機械メーカーの石川製作所(6208)。機雷などの防衛機器も手掛けており、ここ数日の米国と北朝鮮の緊張感の高まりを受けて株価が急騰している。同銘柄は4月、北朝鮮の行動が「一線を越えた」とされ緊張感が高まった際にも人気化した経緯がある。ネット上では、「持ってるけど戦争関連だし複雑」という“良識派”がいる一方で、「石川ミサイル発射!」という不謹慎なコメントも。4月時はその後急落しており、怖いもの見たさで買ってしまうとケガをするかもしれない。

 10日発表の第1四半期決算の内容が好感され、仮想通貨関連のインフォテリア(3853)が買われている。「超絶好決算じゃん!」などと評価するツイートが続出する中、「ストップ高しないの?」と疑問を抱くトレーダーもいた。すでに株価指標的には割高なことや、最近の小型株の弱さが影響したのかもしれない。(新井奈央)

 【2017年8月15日発行紙面から】

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう