記事詳細

【住まいの処方銭】ネコのお留守番をカメラで確認 スマホで操作、話しかけられるメリットも

★ネコに優しい住宅(4)

 わが家のネコに、留守番しているときにトラブルが起きていないだろうか…。帰ってドアを開けるまで、心配な飼い主は少なくないだろう。

 こんな不安をもつ人向けに、外出先から室内を確認できるカメラを設置する方法がある。

 エクストラン(東京都品川区)は、移動式お留守番カメラ「ilbo(イルボ)」を昨年8月に発売。スマートフォンやタブレットで室内にいるネコの様子がわかる。

 スマホを操作すれば本体に設置してあるカメラを上下に動かせる。水平方向を基準として、上70度、下20度まで見ることができ、棚の上のネコの様子も確認できそうだ。8ミリ程度までの段差も乗り越え可能で、カーペットの上でも使える。

 2台のスマホで1台のilboを操作できるので、夫婦それぞれでネコの様子を確認することも可能だ。

 充電式のため、バッテリー残量計を画面上で確認し、残量が少なくなってきたら充電ステーション(オプション)に移動させて、充電する。電池寿命のめやすは約300回だ。マイクやスピーカーもついているので、ネコに話しかけられるメリットも。

 導入にあたり必要なものは、まず室内のWi-Fiのアクセスポイント。次に、スマホなどの端末機器(iPhone/iPad/Android対応)。さらに、カメラを動かすためのilboアプリケーションをダウンロードすることだ。

 赤外線リモコンも内蔵しており、エアコンのスイッチを遠隔でオンオフできる機能もある。温度センサー内蔵なので、カメラの画像と室内温度を見て、「ネコが暑そうだな」と思ったら、スマホでエアコンのスイッチをオン! ネコも快適だ。

 本体価格は3万1000円、充電ステーションは3500円(いずれも税別)。インターネット通販のAmazon(アマゾン)で取り扱い中だ。 (不動産・住生活ライター 高田七穂)

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう

関連ニュース