記事詳細

【地獄耳3銘柄】iPhone8発売で有機EL注目、本命は爆上げ期待「保土谷化学工業」 (1/2ページ)

 今週の覆面株プロは、証券業界で躍進中の若手ストラテジスト、O氏です。マーケットの流行や旬なテーマ株の分析に定評あるO氏が、9月相場で爆上げ必至の3銘柄を選択した。

 --投機筋が活発に動き始めたという見方があります

 「6月から2カ月間、ピクリとも動かなかった日経平均株価が北朝鮮問題で急落しました。ボラティリティ、つまり株価の変動率が高まったため、投機筋や短期筋のファンドが売り仕掛けするなどして利ザヤ稼ぎに出動してきたようです。9月9日の建国記念日までに、北朝鮮がどのような形で挑発してくるかが気になります」

 「米国では、9月19~20日のFOMC(連邦公開市場委員会)で、量的緩和で買い入れた保有資産の縮小を正式に決める可能性があり、その場合の株式市場への影響がどのようなものになるのか注意が必要です。加えて、米国には10月2日に債務に対する70億ドル(約7700億円)という巨額の利払い期限を迎える債務上限問題もあります。米国議会が上限の引き上げを承認するか予断を許しません。9月末が近づくほど、まさかの米国デフォルト(債務不履行)リスクがマーケットを揺さぶる可能性があります。ただし、9月から10月までに株価が下がったとしても、年末に向けては株高を予想していますから、下げたところで狙い目銘柄を仕込むのが有効な作戦です」

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう