記事詳細

【地獄耳3銘柄】立ち食いステーキ店が絶好調!本命「ペッパーフードサービス」、対抗「ヤマシンフィルタ」、大穴「オンキヨー」 (1/2ページ)

 今週の覆面株プロは、有望株を次々と発掘して、業界を驚かせているアナリストのR氏です。多角的な企業業績分析力とユニークな発想・着眼点に定評のあるR氏が、爆上げ必至の3銘柄を厳選した。

 --個人投資家はリスクに敏感で、せっせと株の換金売りに走っているようです

 「先行き不透明感が強すぎますから、仕方がない現象でしょう。ただし、機関投資家らプロの投資家は、底値から反転するタイミングを巧みにとらえようとアンテナを張って待ち構えている状況です。夏場は中小型株ばかりがにぎわいましたが、そろそろ主力の大型株の下げを積極的に拾う局面が近づいているのかもしれません」

 「現在のマーケットを取り巻く状況を悲観しすぎないでください。日本企業の業績好調は持続していること、そして例年10~12月の日本株は、強い相場になるということを忘れないようにしたいですね」

 --では、今週の本命株は

 「8月15日に東証1部に昇格したばかりの『ペッパーフードサービス』(東1・3053)です。同社の株式は8月末、2分割されましたので買いやすくなりました。7月発表データでは、2012年12月から17年6月まで56カ月連続で既存店売上高がプラス。ランチも夜も、『いきなり! ステーキ』など立ち食いスタイルの店舗が絶好調です。私も実際に数店舗見に行きましたが、どの店も非常に込んでいて大盛況でした。株価は1部昇格で達成感も出ていますが、投資材料として1部銘柄となったことで、9月末にTOPIXに組み入れられることを忘れてはいけないでしょう」

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう