記事詳細

【トップ近況】アストモスエネルギー・増田宰社長、成長市場へ探る次の一手「現地の販売会社を買収するか」

 「成長する市場は東南アジアだ。液化石油ガス(LPG)の需要が大きく伸びるだろう」。そう説明するのはLPG元売り大手、アストモスエネルギーの増田宰社長(60)。国内の需要減が続く中、業界各社は海外展開の強化をにらむ。

 フィリピンやベトナム、ミャンマーなどを有望視し、進出に向けた検討を進めているという。「ターミナル基地(の関連事業)で市場に入るか、現地の販売会社を買収するか」。考えを巡らし、次の一手を探る。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう