記事詳細

【サラリーマンサバイバル術】「台風での休業」手当の扱いはどうなる? 「不可抗力だから休業補償必要ない」と言われ… (2/2ページ)

 しかし、実際には被害もなく業務遂行が可能であるにもかかわらず、使用者の判断で休業したようなケースでは、使用者の責に帰すべき事由に該当し、休業手当を支払う必要があるとされています。

 なお、以前から労働契約や労働協約、就業規則、あるいは労使間の慣行に基づいて支払われてきている休業手当がある場合、その支払いをやめることは、労働条件の不利益変更に該当しますので注意が必要です。

 いずれにしても、天災を含めた休業補償の取り扱いについては、平時のときから労使でルールを明確にしておくことが大切です。そのためにも労働組合を通じて、労働協約や労使協定に向けた協議をすることをおすすめします。

 労働組合づくりのご相談は、お近くの連合で応じています。ぜひ、ご相談ください。(フリーダイヤル0120・154・052) (連合企画局 山根正幸)

 ■サラリーマンの相談に日本労働組合総連合会の専門スタッフがお答えします。はがきに質問、職業、年齢を明記し、〒100-8160 夕刊フジ報道部「サバイバル術」係まで。匿名でも受け付けます。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう