記事詳細

「ビットコインは詐欺」で大暴落 米大手金融CEO「麻薬密売人や殺人者が使うことで裕福に」

 インターネット上の仮想通貨「ビットコイン(BTC)」の暴落が止まらない。2日で1000ドルを超える下落に見舞われたきっかけは大手米金融機関トップの「ビットコインは詐欺だ」という強烈な発言。中国でも取引所が停止されるなど、バブル崩壊の様相が強まっている。

 米情報サイト「コインデスク」によると、ビットコインの価格は14日に一時1BTC=3300ドルを下回った。12日には4300ドルを上回る水準だったビットコイン暴落を招いたのは、米銀行大手JPモルガン・チェースのダイモン最高経営責任者(CEO)が投資家との会合でビットコインについて「これは詐欺」と述べたことだった。

 同行のトレーダーがビットコインの取引を行ったら「即座に解雇するだろう。理由は2つだ。当行の規則に反する上に愚かであり、いずれも危険なことだ」と明言。「北朝鮮などに住む人や麻薬密売人、殺人者のたぐいはドルよりもビットコインを使うことで裕福になるだろう」と付け加えた。

 中国でも金融当局が仮想通貨に対する取り締まりを強化しており、取引所「BTCチャイナ」が30日から売買を全面停止すると発表。人民元建ての価格も急落した。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう

関連ニュース