記事詳細

衆院選思惑で東証2万円回復、2年ぶり高値 慌てて買い戻しに走った海外勢

 連休明け19日の東京株式市場は、円安と衆院選を巡る思惑的な買いが強まり、日経平均株価(225種)は大幅続伸した。終値は前週末比389円88銭高の2万0299円38銭で、2015年8月18日以来、約2年ぶりの高値となった。東京証券取引所第1部の時価総額は613兆円を超え、15年8月10日の609兆円を上回り過去最大を更新した。

 東証1部全体の値動きを示す東証株価指数(TOPIX)は28・94ポイント高の1667・88で、終値ベースで15年8月18日以来、約2年ぶりの高値となった。出来高は20億4400万株。

 朝方は、米株高や円相場が1ドル=111円台後半まで下落したことが買い材料となった。

 午後に入ると海外勢とみられる買い注文が入り、相場全体を押し上げた。上げ幅は一時400円を超えた。

 来月22日投開票を軸に調整されている衆院選を巡っては、外遊中の安倍晋三首相が帰国後に示す判断が注目される。

 三菱UFJモルガン・スタンレー証券の藤戸則弘投資情報部長は「海外勢は安倍政権が追い込まれて衆院選に入るとみて8月中は売り越していたが、慌てて買い戻しに走った。金融緩和と景気刺激策の継続、強化を期待した思惑的な動きだ」と指摘した。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう