記事詳細

スズキ、いすゞもEV 東京モーターショーに出展

 スズキと、いすゞ自動車は22日、東京都江東区の東京ビッグサイトで10月27日~11月5日に開催される「東京モーターショー」の出品概要をそれぞれ発表した。環境規制の強化を背景に自動車メーカーの電動化の動きが加速する中、両社とも電気自動車(EV)のコンセプトカーや最新の安全、省エネ技術などをアピールする。

 スズキのテーマは「“ワクワク”を、誰でも、どこへでも」。モーターを搭載した四輪独立駆動のコンパクトなスポーツ用多目的車(SUV)「イー・サバイバー」や、ワゴンとSUVを融合させた小型クロスオーバー「クロスビー」などを披露する。

 いすゞは「運ぶの時代に、できること。」をコンセプトに、大容量バッテリーを搭載したEVトラック「エルフEV」や創立80周年を記念したトラックなどを出展する。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう