記事詳細

【トップ近況】子会社化は“第二の創業” ソラコム・玉川社長「当社にとっては出発地点」

 「当社だけでは成し得ない大きな事業を一緒にやりたい」と話すのは、IT企業ソラコムの玉川憲社長(41)。あらゆるものがインターネットにつながる「モノのインターネット(IoT)」事業の拡大を目指し、8月にKDDI子会社となったのを「第二の創業」と位置付ける。

 大企業に吸収されるのではなく「当社にとっては出発地点だ」と強調。自らも引き続き経営に携わり「世界のヒトとモノをつなぐ理想を実現する」と力を込める。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう