記事詳細

トヨタ・マツダ・デンソー、EV開発で新会社設立へ 基盤技術の開発を加速させる狙い

 トヨタ自動車とマツダ、トヨタグループの部品大手デンソーが、電気自動車(EV)の開発に向け新会社を共同で設立する方針であることが28日、分かった。EVの基盤技術の開発を加速させる狙い。

 トヨタとマツダは8月、相互に500億円を出資する資本提携の合意を発表していた。デンソーを加えることで、幅広い車種に使える部品の生産などを目指す。開発にかかる1社当たりの巨額の費用を抑えることにもつながる。

 EVをめぐっては、英家電メーカーのダイソンが2020年までに発売することを明らかにするなど、業態を超えた開発競争が行われている。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう