記事詳細

スシロー、元気寿司と統合 それぞれのブランドは維持

 回転ずしチェーン「スシロー」を全国展開する業界最大手のあきんどスシローと5位の元気寿司が経営統合する方針を固めたことが明らかになった。全都道府県に展開するスシローと、海外に強い元気寿司の相乗効果を狙う。

 元気寿司の筆頭株主であるコメ卸最大手の神明が、スシローの親会社、スシローグローバルホールディングス株の33%を英投資ファンド、ペルミラなどから取得し、元気寿司を含む3社で資本・業務提携について協議する見通し。

 経営統合後も、それぞれのブランドは維持される見通し。

 スシローはペルミラの傘下で再建を進め、今年3月に再上場していた。

 スシローグローバルホールディングスの2016年9月期の売上高は1477億円。元気寿司の17年3月期の売上高は349億円。合算すると1800億円を超え、2位のくら寿司を展開するくらコーポレーションの1136億円を大きく引き離す。

 スシローは9月に島根県に出店し、全都道府県を制覇するなど国内に強みを持つ。元気寿司はハワイや中国、シンガポールなど店舗の約半数を海外で展開している。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう