記事詳細

【トラトラ株】投資環境は良好 実際に攻略したライターの記事が高い評価、サービス開始以来順調に成長の「GameWith」 (1/2ページ)

 日米株式市場共に非常に強い動きとなっている。米国では、27日、トランプ米政権と与党・共和党の議会指導部が発表した税制改革案を好感した買いが入り、NYダウは5日ぶりに反発し、ナスダック総合株価指数は、一時は19日に付けた最高値の6461・323ポイントを上回る場面があった。一方、日経平均も米国株高に加え、為替の円安・ドル高を手掛かりとする買いが入り続け、年初来高値付近で堅調な値動きを続けている。このように投資環境は良好だ。

 まず、GameWith(6552)は、運営・管理を行う「GameWith」が、サービス開始以来順調に成長していることが注目ポイント。同社は主にスマートフォンゲームなどの攻略情報に関する記事を提供している。同社の特長は、ゲームの攻略や記事の作成を外注するのではなく、同社に所属するライターがゲームタイトルごとにプロジェクトチームを編成し、実際にゲームを攻略して記事を作成する点にある。ゲームに特化したライターが複数人で記事を作成することで正確性の高いゲーム攻略情報の提供が可能であると、会社側は考えている。

 次に、明和産業(8103)は、リチウムイオン電池・電気自動車関連として注目する。同社は、機能材料事業で、電池材料、レアメタル・レアアース、難燃剤、水処理・環境商材を中心に市場ニーズへの展開に取り組んでいる。電池材料、関連装置では、リチウムイオン電池負極材・正極材・電解液・セパレータ、コンデンサー電解液・活物質、太陽光発電用伝送装置を扱っている。なお、グループ会社の株式会社鈴裕化学は、難燃剤の研究開発・製造を展開している。難燃剤によって難燃化された材料は危険性を最小限にするために今後も広く使用されるものと予測されているという。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう