記事詳細

【トップ近況】ラクト・ジャパン、三浦元久社長「食の西洋化が顕著」 東南アジアでの市場開拓に意欲的

 「安定配当が上場以来の方針だ。派手な業態ではないが、長く支援していただける株主の裾野を広げたい」と語るのは乳原料やチーズ、食肉加工品の貿易を手掛けるラクト・ジャパンの三浦元久社長(62)。

 2015年に東京証券取引所2部に上場し、今月8日に1部に指定された。東南アジアでの市場開拓に意欲的で「食の西洋化が非常に顕著だ。今後乳製品やチーズの需要はさらに拡大する」と見通す。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう