記事詳細

揺らぐ「技術の日産」 無資格検査常態化、経営陣の責任問題に発展も

 国の規定に反して新車の無資格検査をしていた問題で、販売済みの約121万台のリコール(無料の回収・修理)を実施する日産自動車。「技術の日産」のブランドは揺らぎ、販売失速の恐れもある。西川(さいかわ)広人社長ら経営陣の責任問題に発展しかねない。

 西川社長は2日の記者会見で、新車の無資格検査が常態化していたと認めたが、「検査そのものは確実に行われていた」と安全性を強調した。

 カルロス・ゴーン氏の下で、徹底的な費用削減と規模拡大を追求してきた日産について、「品質面の管理がおろそかになっていたのではないか」(銀行系アナリスト)との見方がくすぶる。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう