記事詳細

【編集局から】米「トイザラス」経営破綻の衝撃 日本も遅れて本格的な淘汰の時代に?

 米玩具大手トイザラスの経営破綻は、海外の話とはいえ衝撃的なニュースでした。日本の「トイザらス」は別会社で運営しているため影響はないとのことですが、子育て世代にはなじみ深いブランドだけに、時代の流れを感じざるを得ません。

 日本でもおなじみの外資ブランドでは、カジュアル衣料の「ギャップ」も米国の店舗を大量閉鎖すると発表されたばかりです。いずれもアマゾンなどインターネット通販に押されているのが原因で、大型ショッピングモールも軒並み苦戦しているようです。

 日本の場合、大型モールは郊外を中心に出店が続いていますが、競争は厳しさを増しているようです。

 ある郊外型モールでは約半年かけて店舗の約半分を入れ替えました。駐車場の空き具合をみると、大型リニューアル後もまだ客が十分に戻ったようには見えません。

 近くにある別のショッピングセンターも店舗入れ替えに次ぐ入れ替えで、開業当初から残っている店が見当たらないほど。いまもワンフロアが全てシャッターで閉ざされています。米国に遅れて本格的な淘汰(とうた)の時代に入るのでしょうか。(N)

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう