記事詳細

【サラリーマン特報】変わる依存症治療「断酒」より「減酒」へ 国内初の外来も開設、重症患者『自分は酒が好きなだけ』と否認 (1/2ページ)

 飲み始めたら止められないアルコール依存症は、ブレーキの壊れた車にも例えられる。その治療は長らく「断酒」だけだったが、深刻な問題が生じる前の段階で医療が関わり、酒量を減らす「減酒」に導こうとの取り組みが動き始めた。

 神奈川県横須賀市にある国立病院機構久里浜医療センターは4月、飲酒量を減らすための治療や指導を行う国内初の「減酒外来」を開設した。

 担当の湯本洋介医師(精神科)によると、8月末までに受診したのは約30人。断酒に踏み切れなかった軽症のアルコール依存症患者のほか、「飲酒後記憶がなくなった」「家族に暴言を吐いてしまった」などのトラブルに悩む依存症の“予備軍”とも言える人々が、県外からも訪れる。

 依存症治療の基本は酒を断つこと。しかし「断酒を強要されるイメージが問題飲酒者をアルコール外来から遠ざけている面はある」と湯本さん。

 近年は軽度な依存症や予備軍の人々には減酒でも効果があるとの考え方が主に欧米で出ており、治療方法の有力な選択肢として注目されつつあることも減酒外来開設の背景にある。治療には公的医療保険が適用されるため、窓口負担は1回当たり数千円程度という。

 まず、受診者の飲酒の問題を判定するテスト「AUDIT」を行う。さらに依存症かどうかや、重症度をみるテストも行い、減酒で対応可能な段階かを確かめる。その上で、飲酒量や休肝日の頻度といった目標を患者自身が決め、「飲酒日記」を付ける。1~2カ月ごとに受診し目標の達成度を確認する流れだ。

 AUDITは10問で40点満点。点数が1桁なら「危険の少ない飲酒」だが、10点台になると危険度が上がり、20点を超えるとアルコール依存症の疑いが強くなるという。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう