記事詳細

【トップ近況】ジャパンディスプレイ・東入来信博会長、事業の柱を有機ELパネルへ「日本の底力を見せるチャンスだ」

 経営再建中のジャパンディスプレイの東入来信博会長(69)は「有機ELへ集中することに迷いはない」と構造改革の断行に意欲を見せる。事業の柱を液晶パネルから有機ELパネルへシフトし、持続的に稼ぐことができる体質になろうと変革中だ。

 国際競争が激しさを増す中で「日本の底力を見せるチャンスだ」と強調。ただ本格的な生産は再来年以降になる見通しで「量産にこぎ着けるには時間がかかる」と苦しい事情を説明した。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう