記事詳細

共栄火災海上保険が熱い交流 「ビーバー・バルーン・クラブ」と合同参加 佐賀インターナショナルバルーンフェスタ

 共栄火災海上保険(本社・東京都港区、助川龍二社長)は、「ビーバー・バルーン・クラブ」と合同で、佐賀市嘉瀬川河川敷で開催された「2017佐賀インターナショナルバルーンフェスタ」に参加した。

 大会では同社の熱気球「まもるくん号」がフェスタ部門に出場して大空を舞い、ビーバー・バルーン・クラブのスタッフ約20人が参加者や見学者をはじめ地域の人々と交流を図った。

 ビーバー・バルーン・クラブは、養護施設や肢体不自由児施設の子供たちを中心に熱気球搭乗体験イベントを実施している団体。今年で結成25周年を迎えており、鶴崎伸一会長は「今後もできる限り熱気球で子供たちに夢を届ける活動を続けていきたい」とコメントした。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう