記事詳細

【サラリーマンサバイバル術】違法残業? 勤務先で「36協定」を締結していると聞いたことがない (1/2ページ)

 【Q】「36協定」を超過して違法残業させているケースがあるそうですが、「36協定」とは何のことでしょうか。勤務先でそのような協定を締結しているといった話は聞いたことがありません(40代、製造業・男性)

 【A】「36協定」とは「時間外・休日労働に関する協定」です。法律で決められている労働時間(法定労働時間)は原則「1週40時間、1日8時間」ですが、会社が労働者に残業をさせる場合、労使間で協定を締結し、労働基準監督署へ届け出る必要があります。

 この協定は、労働基準法第36条に規定されていることから、通称「36(サブロク)協定」と呼ばれています。日・月・年間でそれぞれ何時間まで残業するかなど、労使で協定を締結します。

 残業時間の上限については、時間外労働の限度に関する基準(限度時間)がありますが、あくまで目安のため、法的強制力がありません。さらに、予算・決算業務など業務の繁忙など「特別な事情」の発生が予想される場合、「特別条項付き36協定」を締結すれば、例外的に限度時間を超えることも可能です。

 そのため、連合は労働時間の上限規制を法制化するよう求めています。

 そして、36協定は、使用者(会社)と労働者の過半数を組織している労働組合などが協議のうえ締結します。「過半数労働組合」がない場合は、労働者の過半数を代表する「過半数代表者」が使用者と協定を締結することになります。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう