記事詳細

アパホテル評価二分 ランキング「1位」と「最下位」の理由 (1/4ページ)

 ビジネス誌で定期的に取りあげられる人気企画に「ホテルランキング」がある。様々な調査手法を用いてホテルをランク付けするものだ。このホテルランキングで興味深い結果が出た。大手ビジネスホテルチェーンの「アパホテル」の人気が1位だったビジネス誌と、最下位だったビジネス誌が立て続けに発売されたのだ。

 一体、どんな理由でアパホテルの評価が分かれたのか。ホテル評論家の瀧澤信秋氏が解説する。

* * *

 2017年10月23日号の『日経ビジネス』(日経BP社)で「ビジネスパーソンに聞く 後悔しない航空&ホテル 5000人満足度ランキング」が掲載されたが、その翌週となる11月4日号の『週刊ダイヤモンド』(ダイヤモンド社)でも、「1万人が選んだ ベストホテル&エアライン」と、2誌で似たようなランキングが立て続けに発表された。

 ともに、航空会社とホテルのランキング企画で、5000人・1万人と調査人数は異なるものの、ユーザーの満足度を調査している点は共通している。ホテルランキング企画といえば、編集部のスタッフが覆面調査するケースや、ホテルに詳しい専門家によるものなど多様である。今回は2つの人気ビジネス誌が、同一時期にユーザー調査という同様の手法で調査、ランキング掲載したことで特に注目した。

 ランキングは、シティ(フルサービス型)ホテル、ビジネスホテルとそれぞれ掲載されたが、両誌でかなり異なる結果となった。シティホテルでは帝国ホテルがダイヤモンド誌で1位、日経ビジネスでは7位。日経ビジネスでは前回の2012年における順位も掲載されているが、帝国ホテルは3位から7位へと順位を落とす結果となった。筆者も解説など一部取材協力したが、両誌とも予測通りのホテル、意外な結果のホテルと様々だった。

NEWSポストセブン
zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう

関連ニュース