記事詳細

【最強!!バフェット流投資術】世界的大企業と提携で海外展開加速か 「シーズHD」、ドクターズコスメで40%のシェア (1/2ページ)

 最近の美容業界のテクノロジーの進歩には目を見張る。某芸能関係者から聞いた話だが、ドラマや映画の撮影現場では、大女優の「美容休暇」なるものが存在するそうである。撮影中に「ちょっと、お肌の張りがなくなってきたわ」と大女優がつぶやくと、数日間の休みを取りどこかへ消える。戻ってきたときには、肌の張りが見違えるようになっているそうだ。

 大女優たちがいったいどのような最先端テクノロジーを駆使しているのかは不明であるが、一般女性の美容に対する執着もかなりのものがある。

 あるSF映画で「反重力物質」を混ぜた美容クリームで、重力によって垂れ下がった老女の肌が10代の少女のようにつややかになったなどという話があったが、本当に反重力クリームを発明したら、世界すべてを支配できる大金持ちになるであろう。

 もちろん、医師の指導の下に開発される「ドクターズコスメ」にそのようなSF的効能があるわけではない(少なくとも今のところは…)。しかし、美容業界においても「テクノロジー」は、少なくともイメージ戦力において重要である。実際、最近では多くの化粧品においてUVカットなどの科学的効能が強調されている。その点で、ドクターズコスメは優位に立っている。

 そのドクターズコスメで先行し、おおよそ40%(推計)のシェアを持つというシーズ・ホールディングス(4924)は、他社がまねできない大きな「堀」をすでに築いているといえる。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう