記事詳細

【サラリーマンサバイバル術】パートで厚生年金適用のメリットは? 労働時間減らさないと保険料負担増えると言われた… (1/2ページ)

 【Q】 パートで働いています。「労働時間を減らして年収を増やさないようにしないと、厚生年金の適用になって保険料負担が増える」と言われました。厚生年金が適用されるメリットはあるのでしょうか?(50代・女性)

 【A】 パートタイムなど短時間労働で働く人の社会保険(厚生年金、健康保険)加入については、(1)所定労働時間が週20時間以上(2)月額賃金が8.8万円以上(賞与や時間外賃金、通勤手当などは除く)(3)1年以上の雇用見込み(契約更新も含む)(4)学生は適用除外(夜間、定時制は除く)(5)従業員数501人以上の企業であること-という5つの適用要件があります。

 また、従業員数が500人以下の企業であっても、労使合意にもとづき任意で社会保険に加入することができます。

 質問のように、社会保険の被保険者になると、一見、負担ばかり増えるように思うかもしれません。というのも、厚生年金の被保険者に扶養されている人は、年収130万円未満であれば国民年金第3号被保険者となり、自分自身では保険料負担をしないで済むからです。ただ、この場合、老後に受け取れる自分名義の年金は基礎年金だけ。金額にすると月額約6.5万円です。

 一方、厚生年金であれば、社会保険料の半分を事業主が負担することに加え、賃金に応じて基礎年金に厚生年金が上乗せされます。例えば、50歳から厚生年金に10年加入すると、10年分基礎年金に上乗せ給付が付くことになります。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう