記事詳細

東証4日ぶり反発、320円高 前日急落の反動

 7日の東京株式市場の日経平均株価(225種)は、4営業日ぶりに大幅反発した。前日に急落した反動により幅広い業種で買い注文が膨らみ、終値は前日比320円99銭高の2万2498円03銭だった。

 東証株価指数(TOPIX)は20・83ポイント高の1786・25。出来高は約15億2800万株。

 円安ドル高が進行したこともあり、朝方から買う動きが先行した。米雇用統計の発表などを控えて様子見気分が強く、高値圏で小動きが続いたが、午後に入り上げ幅を広げた。市場では「電機や半導体関連を中心に、業績の好調な銘柄が一段と買われた」(大手証券)との見方が出ていた。

 前日の平均株価は、トランプ米大統領の中東政策に対する懸念から、終値が445円安と今年最大の下げ幅となった。ただ、その後の米国市場ではダウ工業株30種平均が大きく下落せず、値下がり傾向だったハイテク株の多くは上昇し、投資家の安心感につながった。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう